C SDK

C SDKは、ThingWorx Edge SDKおよびEdge MicroServer(EMS)の基礎となります。任意のプラットフォーム上でC SDKアプリケーションをコンパイルし、オペレーティングシステムなしで実行することもできます。アプリケーションにC SDKを使用することは、最小限のRAM、処理能力、およびディスク容量を意味し、しばしば200キロバイト未満を必要とします。 C SDKは、ソースコードとして配布される唯一のSDKです。

Java SDK

Java SDKは、JavaベースのAPIを使用するアプリケーションと統合する場合に特に便利です。 Java SDKに基づくアプリケーションは、C SDK同等のアプリケーションよりも多くのRAM、処理能力、ディスク容量を使用する傾向がありますが、開発に要する時間は一般的に短くなります。これを使用するには、サポートされているJava仮想マシンを備えたプラットフォームが必要です。

.NET SDK

.NETベースのアプリケーションと統合する場合、またはチームが通常Microsoftテクノロジで動作する場合は、Microsoft .NET SDKを使用します。 Windowsベースのマシンでのみ使用できます。

iOS SDK

iOS SDKは、iPhone、iPad、iPod TouchなどのAppleのiOSベースのデバイスと統合されています。これは、iOSベースのデバイスがソースからデータを収集し、BluetoothまたはWi-Fiで処理し、処理し、ThingWorxプラットフォームと通信するブリッジとして使用できます。

Android SDK

Android SDKは、Androidベースのデバイスとの統合に使用できます。専用デバイスはAndroidよりLinuxまたはWindowsを実行する可能性が高いことに注意してください。

We use cookies to personalize content and to analyze our traffic. Please decide if you are willing to accept cookies from our website.