プロジェクトコンセプト

このプロジェクトでは、ThingWorxプラットフォームで使用されるREST APIを紹介します。

このガイドの手順に従って、ThingWorxプラットフォームに接続して、REST呼び出しを行ってサービスを呼び出し、プロパティを更新し、IoTアプリケーションに対していくつかのアクションを実行することができます。

ThingWorx REST APIを使用してより堅牢なアプリケーションを作成する方法を教えます。 REST APIを使用すると、単純なHTTP要求でThingWorx Foundationサーバーの全機能を活用できます。 REST APIは、curl、Postmanのようなブラウザプラグイン、または任意の優先プログラミング言語などのコマンドラインツールを使用して簡単に調べることができます。

プロジェクト情報

レベル Intermediate
東。時間 30 Minutes
発行済み May 09, 2019
著者 Allen Smith

方法を学びます

    • ThingWorx Foundation Serverで新しいものを作成する
    • 物にプロパティを追加する
    • プロパティ値へのアクセス
    • カスタムサービスを実行する
プロジェクトを開始するための登録

このプロジェクトで使用されたもの

環境:

このガイドでは、ThingWorx Foundationへの接続が必要です。

30日間のホステッドFoundation Serverまたは120日間のダウンロード試用版を利用していることを前提としています。

ソフトウェアコンポーネント:
以前の知識:

REST APIを使用してTHINGWORXにアクセスする

アウトライン
  • ステップ 1: REST APIデザイン
  • ステップ 2: RESTクライアント
  • ステップ 3: アプリケーションキーの作成
  • ステップ 4: 新しいものを作る
  • ステップ 5: 物を物に加える
  • ステップ 6: プロパティ値の設定
  • ステップ 7: 最新の物件価値を得る
  • ステップ 8: コールカスタムサービス
  • ステップ 9: エンティティのインポートとエクスポート
  • ステップ 10: タグ
  • ステップ 11: ユーザー
  • ステップ 12: トラブルシューティング
  • ステップ 13: 認証のヒント
  • ステップ 14: 次のステップ
We use cookies to personalize content and to analyze our traffic. Please decide if you are willing to accept cookies from our website.