無料トライアルの概要

これらのガイドを使用すると、すばやくスピードアップできます。

Key Benefits

低コード開発環境

モデル駆動型アプローチでは、コードのデバッグと更新ではなく、アプリケーションの構成に集中できます。 ThingModelは、物理アセットの抽象ビューを提供し、関連付けられたルール、プロパティ、およびビジネスロジックを含みます。

オープンプラットフォーム

先進的なIoTデバイスクラウドとサービスとの統合により、既存のテクノロジのROIを最大限に引き出すことができます。

柔軟な接続オプション

業界標準のセンサー、デバイス、機器との安全な双方向通信を提供する接続オプションにより、異種のデータを集約することができます。

エンタープライズクラスの展開とストレージ

ディザスタリカバリと冗長性のための高可用ストレージメカニズムを備えたエンタープライズグレードのIoTソリューションを導入します。

デバイス管理機能

ThingWorxを使用すると、接続された製品のパフォーマンスを監視、管理、最適化できます。

スケーラビリティ

ThingWorxは柔軟性があり、エンタープライズ対応の展開アーキテクチャに拡張できます。何百万もの接続デバイスをサポートできるため、必要に応じて拡張することができます。


コンポーネント

  • Composer:Composerは、包括的なデータ合成、効率的なサービスオーサリング、および簡単なアプリケーション管理を可能にする統合アプリケーション開発環境です。 Composerを使用してThingモデルを設定し、展開します。 New Composerは、最新のブラウザの概念を使用して開発者と管理者の効率を向上させます。
  • Mashup Builder:この低コードドラッグアンドドロップ環境により、モバイルアプリケーションとWeb IoTアプリケーション用のグラフィカルなUIを簡単に作成できます。 Mashup Builderには、市場投入までの時間を短縮するために活用できる、60種類以上のビジュアル化ウィジェットが組み込まれています。
  • Thing Model:Thing Modelは、物理的な資産、プロセス、または組織要素を記述するデジタルエンティティです。迅速かつ一貫性のある開発とシステム間通信を可能にするために、RESTfulなAPIを生成します。
  • 異常検出:デバイスからのデータストリームを監視し、予想されるデータの分布を計算し、データポイントが予想される範囲内にあることを検証するための異常検出を実装します。 IoTデータとアプリケーション内の変化する条件をユーザーまたはシステムに通知するようにアラートを構成できます。
  • 任意のネットワークトポロジと通信プロトコルを介してセンサ、デバイス、および機器を接続します。
  • SDKとAPIを活用して開発時間を短縮
  • エッジデバイスまたはデータソースをAlwaysOnバイナリ通信プロトコルを使用してThingWorx Edge WebSocketベースのMicroServer(WS EMS)に接続します。
  • 統合コネクタを使用すると、ERP、CRM、SCMなどの既存のサードパーティのシステムやアプリケーションに簡単に接続し、ThingWorxでデータを消費することができます。
  • リモートからアクセスしたり、ログファイルをアップロードしたり、ソフトウェアアップデートを接続されたデバイスにプッシュしたりできます。

既製のデバイスクラウドアダプタを使用すると、既存のクラウドへの投資を活用できます。

  • AWS IoT SDKを使用するデバイスを接続し、そのデータを使用してIoTソリューションを迅速に開発します。
  • Azure IoTサービスを利用してデータをコンテキスト化し、IoTアプリケーション、分析、拡張現実感の開発をサポートします。
  • GE Predix資産データをThingWorxと同期させて、IoTアプリケーションとAugmented Realityエクスペリエンス開発を可能にします。
  • OSI PIデータをThingWorxに統合します。
  • 資産管理:接続された資産を簡単に監視および管理します。重要な情報や過去の資産データに素早くアクセスすることができます。
  • アラート管理:単一のインタフェースを使用して、通知をトリガーするアクションやビジネスプロセスを起動するアクションを実行できるアラートやその他のルールを作成および管理できます。
  • ソフトウェアコンテンツ管理:接続されたデバイスへのソフトウェアモジュールの効率的、安全、信頼性、および費用効果の高い一括配信を可能にします。
  • リモートアクセス:接続された製品やデバイスの重要なデータに安全にアクセスできます。
  • ThingWorxは設計上安全で、IoTアプリケーションのセキュリティを強化するための複数の認証オプションを提供します。
  • すべての通信は、デバイスによって開始され、TLSで暗号化され、1台のサーバーにのみ送信されます。
  • セキュリティパッチは、当社のソフトウェアコンテンツ管理ツールを介して配布されます。
  • ロールベースのアクセス制御では、物、データ、およびアプリケーションで使用可能なアクションを細かく制御できます。
  • Active Directoryは、ユーザーおよびユーザーグループを管理する単一の場所を提供し、エンタープライズIT管理者のアクセス管理を簡素化します。

We use cookies to personalize content and to analyze our traffic. Please decide if you are willing to accept cookies from our website.